乳酸菌飲料とは何か

巷では乳酸菌飲料が次から次へと発売され、数多くの乳酸菌を目の当たりにする機会があります。

乳酸菌飲料とは、牛乳を乳酸菌や酵母で発酵させて作った飲料のことです。

関連ページ:乳酸菌と酵母は互いに助け合う関係

乳酸菌飲料には、生菌と殺菌の2種類があります。

カルピスに代表される乳酸菌飲料は、殺菌タイプで生きた乳酸菌はいません。

しかし殺菌されたものでも、善玉菌の餌になります。

もうひとつの生菌タイプは、1mlあたり100万個以上の生きた乳酸菌を含みます。

最近の傾向では、生きたまま腸に届く乳酸菌飲料が人気を得ています。

整腸作用に長けている

乳酸菌飲料の一番の魅力は、整腸作用に長けていることです。

市販の多くが殺菌された、乳酸菌ですが心配はいりません。

生きた乳酸菌だと味の安定が不安定で刻一刻と味が変化してしまうために、 殺菌しています。

しかし例え乳酸菌の死骸だとしても、 腸壁に張り付いて傷ついた腸壁を修復したり他の乳酸菌の餌になることで 腸を保護し活性化に導いてくれるのです。

であるからこそ、市販の乳酸菌飲料の多くに「殺菌」の文字があります。

効果に自信があるからこそ、殺菌の二文字を表示することができるのです。

関連ページ:乳酸菌は殺菌されていても大丈夫

乳酸菌というと、ビフィズス菌やオリゴ糖のように便秘に効果が高いと思うかもしれませんが、 乳酸菌は便秘に特化したものではなく、下痢にも効果があります。

腸内環境を整えることが乳酸菌の得意分野なので、下痢もちには下痢を改善し、 便秘もちには便秘を改善していくという、腸に関する不都合を改善してくれる、 強い味方なのです。

アレルギー症状の緩和

乳酸菌飲料は、アレルギー症状の緩和にも一役買います。

腸管には多くの免疫細胞が存在しています。

腸の中が悪環境に陥っていると、 アレルギーに関する免疫細胞Th1細胞とTh2細胞のバランスが著しく、崩れていきます。

そうなるとアトピーの発症が加速してしまいます。

腸内を常に善玉菌で満たし、美しい腸内フローラを広げる事が、 アレルギーを排除することにつながるのです。

アトピーや花粉症など、免疫の誤作動で過剰攻撃された皮膚は、 悪化すると通常の日常生活を送ることも困難になります。

そんな時には、自分のお腹の中も異変が起きているのではないかと、疑ってみましょう。

便秘が続き排便が数日ないことはありませんか?または、 水のような下痢で腹痛が続くということはないでしょうか。

少しでも異変があれば、アレルゲンが弱った腸壁から吸収されてしまっているのかもしれません。

そんな時には、予防の意味も込めて乳酸菌飲料を飲むと良いですね。

長く続けることが大切なので、乳酸菌飲料を飲むことを日課にしましょう。

徐々にアレルギーの症状が緩和してきたら、お腹の中の異変も収束しているはずです。

大腸の病気を予防する

悪玉菌が腸内を席捲するようになると、発がん性物質を出し大腸がんのリスクが高まります。

乳酸菌を摂取することで、腸内環境は整えられ、健やかに健康を守ることができます。

乳酸菌飲料は味も癖がなく、誰でも気軽に飲めるものになっています。

大病を患うのは、誰でも避けたいことですから、 毎日美味しい乳酸菌飲料を飲んで自衛したいものですね。

大腸がんのような大病の場合は、 その予兆として酷く頑固な便秘の症状が数年続いているような、慢性便秘があります。

こうした慢性便秘になっているのならいつしか、 重い病に苦しむことにもなるかもしれません。

だからこそ、今から少しずつ自分にできることを探すのです。

おもに生活習慣の見直しになるかと思いますが、大層なことはしたくない、 と言うのであれば乳酸菌飲料など手軽に摂取できるものから、試してみてはどうでしょうか。

ジュースの感覚で飲んで構いません。

どうせ飲むのなら、健康に良いものを飲むという気持ちが必要です。

冷蔵庫にお好みの乳酸菌飲料を、常にストックしておくことをおすすめします。

市販の乳酸菌飲料

では、巷で人気の高い市販の乳酸菌飲料をピックアップしたいと思います。

酸味のあるまろやかな旨みで、幅広い層に人気のあるのもを集めてみました。

おもにここで紹介しましたのは、メジャーな企業の乳酸菌飲料ですが、 あまり聞きなれない企業からも多様な乳酸菌飲料が発売されています。

自分好みの飲料を探すのも楽しい作業です。

乳酸菌飲料とひとくちにいっても、味の個性は様々ですから健康の為にと気を張らずに、 気楽に乳酸菌飲料を身近におきたいものです。

・カルピス

発売元:カルピス

1919年から発売されている、長年の人気を独り占めした乳酸菌飲料の定番中の定番です。

現在ではカルピス味の飴なども販売されてます。

夏のかき氷のシロップなどにしても美味しいです。

抵抗感なく飲める、癖のないさわやかな味が魅力です。

・ヤクルト

発売元:ヤクルト

こちらも大定番のひとつです。

65mlという物足りなさはありますが、酸味のある美味しさと生きたまま腸に届く、 乳酸菌シロタ株が魅力の生菌タイプの乳酸菌飲料です。

ヤクルトの宅配サービスは現在でも行われています。

・マミー

発売元:森永乳業

子供向けの甘くて飲みやすい、酸味が抑え目の乳酸菌飲料です。

子供向けだからこその嬉しいカルシウム入りで、子供の成長を後押しします。

とはいえ、大人もぜひ飲んで欲しい乳酸菌飲料です。

どことなく懐かしい風味です。

・ビックル

発売元:サントリー

独特な形の瓶入で、飲みごたえのある乳酸菌飲料です。

自動販売機でも販売されていますので、手に入りやすいのが嬉しいです。

4種類の乳酸菌が配合されており、さらにミルクオリゴ糖も220mg配合されています。

腸内環境を改善したい人におすすめしたいとい思います。